部分痩せにも効果を発揮|脂肪溶解注射で気になる脂肪を除去

女の人

脂肪溶解注射のメリット

ボディ

切る脂肪吸引が怖いと感じる人はレーザーや高周波を使った痩身治療を希望することが多いですが、それらの治療では思ったほど痩せられなかったという人も中にはいます。そんな人には、神戸の美容クリニックで脂肪溶解注射を試してみることをおすすめします。

詳しくはこちら

もう失敗しないために

体重計

ダイエットを成功させるため、まずは神戸の美容クリニックで遺伝子検査を受けてみることをおすすめします。簡単な検査によって自分の持つ肥満遺伝子のタイプがわかります。自分の意志でダイエットの完遂が難しい場合は、神戸の美容クリニックでダイエットピルを処方してもらうこともできます。

詳しくはこちら

シワとたるみを解消する

鏡を見る女性

マイクロボトックスは、シワとたるみを解消する治療になり量や深さの微妙な調節が必要なので経験豊富な病院で治療を受ける必要があります。術後は、患部に負担をかけずに過ごすことで回復を早めて効果を長く維持させることが出来ると言われています。

詳しくはこちら

脂肪組織を溶かす注射

レディー

部分痩せ効果を確実に

体を全体的に細くするのではなく、部分的に細くすることを希望する人は多くいます。たとえばバストやヒップの膨らみを残したまま、ウエストのくびれを大きくするといった具合です。こういった部分痩せのために、昨今の美容外科では脂肪溶解注射がおこなわれるようになっています。脂肪溶解注射を打つと、手の平の大きさと同じくらいの範囲で、脂肪組織が溶け始めます。溶けるということは、固形を維持できなくなるということですから、脂肪溶解注射によって脂肪は液体となり、その場から流れていきます。たとえばウエストに打つと、ウエストの脂肪が流れていくわけです。流れた脂肪は、不要な体液として徐々に排出されていきます。そのため、確実に部分痩せ効果が出てくるのです。

注射する部位や本数

脂肪溶解注射によって、なぜ脂肪組織が溶けるのかというと、注射液に脂肪細胞の細胞膜と同じ成分が含まれているからです。そのため脂肪細胞は注射液をすんなりと受け入れますし、その結果細胞膜はふやけたような状態となります。それにより、固形として存在し続けることが不可能になるのです。脂肪溶解注射は、手の平ほどの広さがある部位なら、どこにでも打つことができます。そのため二の腕やふくらはぎなど、ダイエットでは細くすることが難しい部位においても、高い部分痩せ効果が期待できるのです。もちろん、間隔をあけて複数の本数の脂肪溶解注射を打つことで、お腹や太ももといった広い部位でも全体的に細くすることが可能となっています。ただし、クリニックにもよりますが、1日に注射できる本数は、4本までということが多いです。